本文へ移動


週一ゴルファー日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「ベストタイ」

2020-06-05
 
5月24日(日)  
先週の日曜日は81でホールアウトし、徐々に調子が戻っている  
今日はライバルN氏に、税理士T氏、土建業T君とのチサンC・Cでのラウンド  
8:48 T君オナーで橘コースをスタートし、フェアウェイをキープした小生    
練習場で微妙な調整を施した成果が出て、ショットが安定しパーオンを重ねる    
4番ミドルは寄せワン、5番はベタピンのバーディ、6番はロングパットを沈めて連続バーディ    
9番ロングホールでは残り50ヤードをベタピンに付けて、これまたバーディ    
盆と正月が一度に来たようなスコアで、3バーディ、1ボギーの「34」でハーフターン  
有明コースに入っても勢いは衰えず、2番ショートホールでは  
カラーから9番アイアンでランニングアプローチを試み、なんとチップインバーディ  
味を占めた4番ミドルホールも、エッヂから9番アイアンを手にしてチップインバーディ  
この時点で3アンダーという過去に見たことがないスコアカード  空いた口が塞がらない面々 
しかし、やはりゴルフはそんなに甘くなかった  
5番ショートホールではバンカーに入れてWボギー  
上がり3ホールは3パットもあり、全てボギーとなりインコース40で計74  
ベストスコアタイで記録更新成らず  
18ホール中パーオン9ホール、バーディ5個、寄せワンも3ホール、3パット2回  
もう二度とないであろう、1ラウンドで5バーディ  今日のビールは旨かろう    


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「ストレッチ」

2020-05-10
5月10日(日)時々
今日は仲良しグループの大村湾C・Cニューコースでのコンペである
11:00集合なのにあまりの嬉しさに、いつもの起床時間より早く目を覚ましてストレッチ体操
10:20には到着し、パター、そしてランニングアプローチの練習を済ませ早目の昼食
12:26 第一組がスタートし、小生は同窓生のE君と土建業のT君と第二組目でスタート
フェアウェイ途中をクリークが横切る難関の1番ホールをパーオンさせ、パーでスタート
2番ショートホールでは風を詠み違い池ポチャさせたが、アプローチが寄ってボギーで修める
このコースを、こんなにスッキリした形でスタートしたのは久し振りである
早朝からのストレッチが功を奏したのか
しかしこのコースはショットのきれよりパターが問題で、2段、3段のうねったグリーン
案の定、番では3パットを犯し、アウト43でインコースへ
インに入った途端に小雨が降り始める
インコースもショット自体は及第点であったが、14番でまたしても3パット
ミスもあったがインコース42、計85で今年初の大村湾C・Cにしては上出来である
この会のH・C13でパープレイ、ライバルN氏にネット1打勝ちで2年ぶりの優勝
18ホール中、パーオン10ホール、ラウンド前のストレッチが良かったのか、習慣にしたいものである
 

「感染防止」

2020-05-01

 
5月5日(火)子どもの日
全世界が目視出来ない敵、新型コロナウィルスに戦々恐々となっているsmiley
T・V等では三密状態を作らないようにと呼びかけている最中に
ゴルフは青空の下でするスポーツだからと自分で自分に言い聞かせて、11:30チサンC・C森山に到着
駐車場には、気になる他県ナンバーの車も見受けられる
受付窓口にはカウンター上にビニールが張られ、受付嬢との間には透明のカーテン
12:26 真夏を思わせるような気温の中を、いつものメンバーでスタート
ホール毎に設置されているボール洗い機は撤去され、バンカー均しも無い
バンカーに入り、足跡に入っていた場合は6インチリプレースで再プレイと説明書にも記されている
当然ながらゴルフ場の従業員、または来場した人が感染したとなればゴルフ場にとっても、死活問題であろう ライバルとの対戦もお天気同様、熱い戦いが続いたが
ベント芝と思えない遅いグリーンを克服したライバルがアウト41、イン39、小生の4打負け
早く新型コロナウィルスが収束し、胸を張ってゴルフ場に出掛ける状況になってもらいたいものである
 

「YouTube」

2020-04-27
 
4月19日(日)
午後から雨が予想され、スタート時間を早めて8:40にスタート
メンバーはK先輩にライバルN氏、整備工U氏のパーティである
今の時代は便利なもので、インターネットでティーテングプロによるゴルフレッスンが出来る
5日程前、たまたまティーテングプロK氏のユーチューブを観ていたらグリップの指導が映っていた
小生の握りより、さらにストロンググリップを指導している
その握りを一昨日練習場で試みてみたが、なかなか上手く当たらない
しかしプロが教えることだから、間違いはないだろうと一心不乱に練習を重ねた
その成果が本番で出来るかどうか、不安満杯のティーグランドである
雲仙1番ホールは左へ引っ掛けバンカーへ2番ホールも左斜面へ
手加減した3番ホールは手前のバンカーに掴まる
全てがこんな調子で、前半戦はN氏45、K氏46、小生47、U氏48とどんぐりの背比べであるno
橘コースに入るとドライバーには光明が見え始めたものの、アイアンが当たらない
打てども打てども想定距離が出ず、当たったと思えば明後日の方向へ飛んで行く
アプローチでしのいで、N氏に1打勝ちで迎えた8番ショートホール
オナーで打ったN氏はバーディチャンスに付け、小生はまたしても左へ
アプローチをミスってWボギーの小生に対し、難なくパーで逆転し満面の笑みのN氏
9番ロングホールは1打目、2打目と互角に渡り合い、残り100ヤードの3打目勝負
互いにパーオンさせ、N氏「お先に」パットで本日は小生の1打負けで91、K氏93、U氏96
ユーチューブで習った握りをこのまま信じて継続させた方が良いのかどうか
昼ごはんを食べて練習場へ一目散ラウンド後の300球はヘトヘトであった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「10」

2020-04-08
 
3月29日(日)
早朝より強風が吹き荒れ、自宅の窓から眺める木々は右へ左へ
そんな中、12:26スタートなのに10:00には自宅を後にして到着後にはパター練習
強風で止まっているボールが揺れて、パターでも風の影響を受けている
橘3番ホールでは30ヤードのアプローチが風に乗りトリプルボギーを叩く
なんとかアウトコースを44でホールアウトし、ライバルN氏に1打負け
有明2番ショートホールで、我ながらと自画自賛のナイスショットがピンを指す
バーディで修めてN氏との対決を逆転
逆転したすぐ後の3番ミドルホールでの出来事
フェアウェイ真ん中からの2打目、エッヂまで残り165ヤードのアゲインスト
得意のクラブを手にして打ち出したものの、頭たたきのゴロになり残り50ヤード
そこからシャンクでバンカー突入、そしてバンカーからグリーン先のバンカーへ
またしてもバンカーから元のバンカーへ
やっと出たと思ったらグリーンオーバーし、寄せはダフってパターもミスる
過去にこんな経験があったろうか、打った数を何回数えてもOB無しで「
このホールが本日の全てで、N氏に6打負けの92
バーディの後は要注意を再認識させられた本日のゴルフでした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
株式会社ナカシマ不動産

〒854-0023
長崎県諫早市厚生町3番27号

フリーダイヤル/0120-1388-16
TEL/0957-22-7700
FAX/0957-22-8383

nakasima@information2103.
co.jp

営業時間
平日/9:00~17:30
土曜/9:00~16:00




0
0
1
8
9
6
TOPへ戻る