本文へ移動


週一ゴルファー日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「墓穴」

2020-10-15
10月11日(日) 
絶好のゴルフ日和にいつもの仲間とチサンC・C森山でプレイ  
今日はこの倶楽部のゴルフ選手権も催され、ゴルフ上手な猛者達も金字塔を目指しプレイしている  
そのせいかグリーン上も高麗芝の割にはボールの転がりが速い  
2週間ぶりのゴルフで、有明2番ショートホールでアプローチをトップしWボギー  
3番ミドルホールではフェアウェイど真ん中、残り150ヤードの2打目が木を直撃し左ラフへ戻ってきた  
今度は木の枝葉がせり出し難しい3打目  
案の定、ボールは葉にさわってバンカー手前に落下  
やっとの思いでグリーンオンしたものの今度は3パットでトリプルボギー  
つきがないのか、腕がないのか有明コースを小生44に対しライバルN氏は42  
雲仙コースに入るとN氏のドライバーがさらに安定する  
パーオンを重ね4連続パーで、5番ミドルホールもフェアウェイの絶好のポジション  
それに対し小生はOBを恐れ左ラフ木の手前の定位置  
出すだけ状況なのに、ミスを取り戻そうと打ち出したボールはまたしてもラフ  
さらにバンカーに入れて3パットでトリプルボギー  
ミスを受け入れることが出来ず、ミスを取り戻そうとして墓穴を掘る小生のゴルフ・・・  
いつまでたっても、いくつになっても大人になれないゴルフでは勝ち目はない  
雲仙コースも小生43、N氏39でライバルに対し4連敗  
今年の対戦成績も小生の11勝8敗2分けとなり、尻に火が点いた  











 










 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「連敗」

2020-10-06
9月27日(日) 
先週ライバルN氏に92対88で敗れ、今日負ければ1分けをはさみ3連敗  
電気工Yちゃんを交え、1:00チサンC・C雲仙コースをスタート  
雪辱に燃え練習は重ねるものの空回りするばかりである  
2番ミドルホールでは残り50cmのパットを「お先に  」がカップに蹴られる  
4番から3連続パーで、調子を取り戻したかに思えた7番ロングホール  
1打目、2打目共にフェアウェイ真ん中をキープし、残り110ヤードでアゲンスト  
前のホールでイーグルのN氏に対し、「せめてバーディ  」心の中はベタピン  
しかし思いとは裏腹に、変な音を残して、サブグリーン方向へ飛び出す  
一度ソケットが出ると、その音が頭から離れず大叩きを繰り返す  
有明1番ロングホールでも3打目がソケットし、右ラフで目の前には木  
「ここ一番  」という所で出てしまうこのボールで、またしてもWボギー  
6番ロングホールでは、木を直撃したボールが木の根にはまり「アンプレアブル宣言」  
7番ミドルホールではティーショットがロストボールで、やることなすこと裏目に出る  
集中力は途切れ「飛ばない  」「乗らない  」「寄らない  」「入らない  」のないないづくし  
アウト46、イン50で96に対し、1イーグルのN氏は39、44で小生の完敗  
今月は4回ラウンドして全て九十台  
練習場には通うもののスイングが壊れ、立て直しがきかず迷路に入り出口が見えない  










 










 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「誤球」

2020-09-26
9月20日(日) 
今日はゴルフ仲良しグループのコンペである  
まだ夜が明けないうちに目を覚まし、USオープンでの松山秀樹を応援しながら身支度を整える  
AM6:40に整備工U君の工場に集合し、一路ハウステンボスG・Cに向かって出発  
車内は小学生の遠足さながらで、全員がワクワクそわそわ  
高速道路、川棚I・Cで降りて8:20ゴルフ場到着  
すでに税理士T君はショット練習も済ませ、連続優勝を虎視眈々と狙っている様子である  
9:07 第一組がスタートし、小生は第三組で靴問屋S君、電気工Yちゃんと準備万端の税理士T君  
緊張のスタートホールで4人共にミスを重ね、先が思いやられる1番ミドルホール  
その後もミスにミスが重なって、全員が連鎖反応を起こしメタメタ  
ハーフを小生44、S君47、特にT君52、Yちゃん56はここ数年見たことがないスコアでホールアウト  
昼食を済ませ後半戦へ、いざ出陣  
後半戦に入ってもミスを連発させ涙する面々  
そんな中で4番ミドルホールの珍しいアクシデント  
小生の2打目が深いラフに入り、近づかないと目視出来ない状況である  
「ここにありますよぉ~  」とYちゃん、そのボールを打ってグリーン上で確認するとタイトリスト  
小生のボールはブリジストン、なんと誤球を犯し2打罰を科される  
深いラフのボールは毎回確認すべきで、思い込みは禁物と再認識させられた珍事であった  
これで緊張感がプッツンしたのか実力なのか、大叩きを繰り返す  
さらにロストボールまで発生し、なんと後半53計97で今年のワーストレコード  
他の同伴者もS君99、残り二人は百叩きの刑に処された  
参加者全員が深いラフと難度の高いグリーンに悩まされレベルの低いスコアで終了  
優勝はライバルN氏がグロス87、NET73で同NETの整備工U君、土建業T君に年令勝ち「年の功 










 










 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「身の程知らず」

2020-09-23
9月13日(日) 
小生の前職の先輩S氏からお呼びがかかり、後輩S支店長と愛野C・Cにてゴルフ  
もう四十年以上前からの付き合いで、互いに顔、頭は年令相応に月日を感じさせる  
しかし、ゴルフとなれば年令を感じさせないS氏のドライバー  
日頃からよく飛ぶと評されるS支店長と互角以上に渡り合う76才  
ドライバーだけでなく、柔らかいアプローチに伸びるパッティングで1番、2番ともに寄せワンでパー  
4番ミドルホールではラフからの残り130ヤードをベタピンに付けて、楽々バーディ  
この時点で1アンダー、手がつけられないおじさんである  
たまにミスはするものの、ハーフを37でホールアウトしインコースも順調にエイジシュートペース  
アマチュアゴルファーの夢であるエイジシュートを過去に数回経験し、もしかして今日も・・・  
残念ながら夢は叶わずも、残りのハーフを42、計79でホールアウト  
ゴルフは年令ではないことをまざまざと見せつけられた、本日のゴルフでした  
本日のゴルフの為に余念なき練習を済ませ、前日には靴底の鋲まで変えて  
のぞんだ小生は、OB1発、シャンク1回で48、43で91  
ひと泡吹かせたいと目論んだ自分の身の程知らずに、穴があったら入りたい気分であった  







 










 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「一進一退」

2020-09-04
8月30日(日)  
残暑厳しい中、ライバルからのお誘いメールで3週間ぶりのゴルフである  
まだ8時過ぎなのに太陽に照りつけられ、スタート前から汗がにじむ  
連敗阻止を願いチサンC・C森山、橘コースを慎重にスタート  
4番ホールまでライバルN氏に2打差をつけて迎えた5番ミドルホール  
セカンドショットをあごが高い、入れてはいけないバンカーに入れてしまった  
出すには出したが、高麗グリーンに手こずりトリプルボギーで横一線に並ぶ  
9番ロングホールでロングパットを沈めバーディ、アウトコース44でN氏に3打差をつけてインコースへ  
しかし有明コースの3、4番でイージーミスを犯し、またしても貯金を使い果たす  
6番ロングホールでN氏が4パットをすれば、次の7番で小生がOB  
一歩先んずればすぐに後退、相手がミスれば自分もミスる、仲が良いのかなんなのか  
8番ミドルホールは小生、3パットでまたしても一歩後退  
小生の1打負けで迎えた最終ホールは互いに3オンし、先に打ったN氏は「お先に  」でボギー  
小生は残り2mの逆め登りのストレートライン  
入れればドロー、外せば負けとなる緊張感が「ハンパねぇ~ 
見守る整備工U氏、土建業T君も息を呑み、静まりかえる9番グリーン  
「ショートだけはするな  」 自分で自分に言い聞かせ打ち出したボールは  
ど真ん中でピンを直撃し、カップに沈んだ  
やっとの思いで引き分けに持ち込み胸をなでおろした小生であった  
スコアは互いに89と納得のいくスコアではなかったが、12:45暑くて長くて熱~い戦いは幕を閉じた  






 










 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
株式会社ナカシマ不動産

〒854-0023
長崎県諫早市厚生町3番27号

フリーダイヤル/0120-1388-16
TEL/0957-22-7700
FAX/0957-22-8383

営業時間
平日/9:00~17:30
土曜/9:00~16:00




0
0
3
5
7
2
TOPへ戻る