株式会社ナカシマ不動産│諫早市の賃貸物件、売買物件、新築物件、土地売買はおまかせ下さい。

qrcode.png
http://information2103.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社ナカシマ不動産
〒854-0011
長崎県諫早市八天町8ー12
フリーダイヤル 0120-1388-16
nakasima@information2103.co.jp
TEL 0957-22-7700
FAX 0957-22-8383
営業時間
平日/9:00~17:30
土曜/9:00~16:00
店休日/日曜・祝日
 

週一ゴルファー日記

  • ホーム  > 
  • 週一ゴルファー日記
 
フォーム
 
「無我夢中」
2016-10-14
9月21日(水)
シルバーウイークの中日にハウスメーカー「P社」のゴルフコンペが
大村湾C・Cオールドコースにて催された
今日の同伴者はP社の社長とM所長
この日のために、練習に練習を重ねて、見い出した新打法
名付けて「レントゲン打法
スタートホールでOBを叩いたものの、アウト、イン共に43でホールアウト
Wペリアが上手くはまり、H.C12がついてなんと優勝
さらにベスグロ、ニヤピン賞までゲットし、商品総なめ「ありがたや~ありがたや~
大事な大事なお客様とのコンペなのに、がむしゃらに無我夢中でボールを追いかける小生であった
 
「2ペナ」
2016-10-03
9月18日(日)のち大雨
台風が近づく最悪の日に、仲良しグループのコンペがハウステンボスC・Cにて開催された
 8:30 ライバルN氏と靴問屋S君と乗り合わせて、愛車450にて出発
道中は曇ってはいるものの、台風は何処吹く風かと思われる程度である
クラブハウスに入れば、バブルの時代に建設された重厚感溢れる建物で
ロッカールームは特別室の4人部屋
11:17 小生オナーで第一組がスタート
2番、打ちおろし135ヤードのショートホールでの出来事
オナーで打った土建業T君が目を見晴るような高弾道でパーオン「いよっひばり落とし
その弾道に驚愕した造船工M君は、事も無げに「何番で打った
その問いに対し、T君はおもむろに「50度」と答えてしまった
その会話を耳にした小生は黙っておれず、2人に2ペナルティを課したのであった
この仲間はルールとマナーを重んじる会で、他のコンペに参加しても
恥ずかしくないレベルのルールとマナーを身に付けようというのがモットーである
お二人には気の毒ながら、心を鬼にして目をつぶる訳にはいかない
4番ホール終了間際に集中豪雨で、あっという間にグリーンに水が溜まり、やむなく休憩
食事中に雨が小降りとなって5番ホールから再スタート
しかし、台風接近する中でのゴルフは雷鳴と共に14番ホールで終了
 この会の永い歴史の中で途中終了は初めての出来事である
優勝は造船マンTちゃんアシスト、2ペナのM君
帰り道はペナルティを課せられた二人の涙雨が降り注ぎ
高速道路まで通行止となっていた
 
「熱中症対策」
2016-08-27
8月21日(日)
お盆が過ぎたにもかかわらず厳しい暑さの中、チサンC・C森山の開場記念杯に参戦
この暑さにも負けず、総勢249名のゴルフ好きが参加している
熱中症対策に上衣は半そでの下に日焼け止めのアンダーウェアー、下は半ズボン
目には紫外線カットのサングラス首には熱中症防止の冷却用スカーフを巻き
顔には日焼け止めを塗り、さらにゴルフ場からもらった塩飴で
水分だけでなく塩分も摂取し、用意周到プラス準備万端で
暑さがピークに達する12:47、仲良しグループ4人にてスタート
雲仙1番ホールから順調な滑り出しをみせ、1バーディ2ボギーで37
追随するライバルN氏も39、T氏41、S氏43で橘コースへ折り返す
橘コースも4ボギーで、N氏と共に40でホールアウト
今年初めての高麗グリーンにもかかわらず、互いに70台でラウンドし
酷暑の中でのハイレベルな戦いは幕を閉じた
熱中症対策が功を奏したのか、汗はビッショリかいたものの無事に生還し
今年のベストスコアを叩き出した
 
 
「頭残し」
2016-08-22
8月15日(月)
お盆休みの中日に、雲仙ゴルフ場で久し振りのゴルフである
連日の35℃超の暑さに、練習はサボリ、仲間からの誘いも断り週間ぶりのゴルフ
6~7年ぶりにドライバーを買い換えてはみたものの、満足のいけるショットはスタートホールだけ
練習を少し休んだだけで、アプローチはダフるしアイアンの方向もままならない
アウトコースでWボギーを4回、インコースで2回にトリプルボギーを1回
自分ではいつもの通りと思いながらスイングしているが、いとも簡単にミスる
パーオンは1回しか出来ず、アウト、イン共に46
 当然ながら、ライバルN氏に9打差もつけられ惨敗を喫する
そんな中で園長M氏が、途中々々で大叩きはするものの随所にナイスショットを連発
ショットでもパターでも頭が残り、フィニッシュはプロゴルファー顔負け
極め付けはグリーンエッジからのアプローチ
パターでも大丈夫と思える残り4~5ヤードを、ウェッジを握って寄せる
こんな柔らかなアプローチは、シングルプレーヤーでも滅多に出来るものではない
スコアは91と今一つの感は拭えないが、小生にとってH・C15は格下ながら
頭残しとエッジからのアプローチは非常に参考になったM氏とのゴルフであった
 
「避暑地、雲仙」
2016-08-01
7月24日(月)
今日は雲仙ゴルフ場で、仲間のコンペが開催された
10:00 N氏、Sちゃんと乗り合わせて、一路、お山雲仙へ出発
 千々石町から登る山道は払幅され、以前の狭いイメージは払拭されている
また、出発する際に30℃あった外気温がじわじわと下がり始め、到着すると25℃
空は雲がかかり日差しも弱く、風もなく絶好のゴルフ日和である
昼食を済ませ、12:20 第一組が金属音を残しながらスタートした
小生、N氏、Sちゃん、土建業T君は最終組でスタート
番ホールからN氏とのライバル対決はデッドヒートし、前半お互いに41
後半に入って番ホールまでに3打差をつけて逃げ切り体制に突入
しかし、今日のN氏はいつもと違い苦手としていたアプローチが冴えて、寄せワンで追いすがる
さらにバンカーも1回で脱出させ、何がどう変わったのか定かでないが番ホールで横一線
最終ホールは1打目をミスして四苦八苦する小生を尻目に
克服したアプローチで、ピン傍1.3mにつけてテンパイ煙草で余裕をかますN氏
しかし、その1.3mのパットがカップに嫌われ、N氏に勝利の女神は微笑まなかった
互いに85で引き分け、Sちゃん、T君はOBとグリーンに泣かされスコアを3ケタに乗せていた
反省会は厚生町の割烹「K」で和気藹々の中、グロスで公言通り
アンダーで優勝した解体屋Kちゃんが多弁になっていた
<<株式会社ナカシマ不動産>> 〒854-0011 長崎県諫早市八天町8ー12 TEL:0957-22-7700 FAX:0957-22-8383