株式会社ナカシマ不動産│諫早市の賃貸物件、売買物件、新築物件、土地売買はおまかせ下さい。

 
qrcode.png
http://information2103.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社ナカシマ不動産
〒854-0011
長崎県諫早市八天町8ー12
フリーダイヤル 0120-1388-16
nakasima@information2103.co.jp
TEL 0957-22-7700
FAX 0957-22-8383
営業時間
平日/9:00~17:30
土曜/9:00~16:00
店休日/日曜・祝日
 

週一ゴルファー日記

  • ホーム  > 
  • 週一ゴルファー日記
 
フォーム
 
「新春第一戦」
2017-01-18
1月4日(水)
平成29年度の初ラウンドはホームコース、チサンC・C森山
昨日、新春初打ちにむけてゴルフ練習場にて感触を確かめている際に
ピッチングウェッジが折れて、ボールと共にクラブフェイスが飛んでいった
クラブが折れたのは初めての出来事で、練習終了後に
幸町のゴルフショップで修理の手配を済ませ、代替クラブを調達
そのクラブを使う機会が早くも橘2番ミドルホールの2打目でやってきた
 残り80ヤードをいつものように振り上げ、いつものように当たったはずのボールが
 グリーン5ヤード手前にポトリ「クラブのしなりがないそして重い
確認しなかった小生が悪いのだろうが、小生のシャフトはNSプロ、このクラブはダイナミックゴールド
いつものリズムで振っても思い通りの球すじ、距離が出ないはずである
このミスを発端に打つは叩くはで、ここ十数年経験したことがない「
小生はライ、シチュエーションによって変わるが、50ヤードから110ヤードぐらいまで
ピッチングの振り幅によって打ち分けているので、このクラブが命綱なのだが・・・
有明コースはピッチングウェッジを使用せずに42でホールアウト
なんとか100叩きの刑は免れたものの、他の3人に大差をつけられ惨敗を喫す
新年早々にクラブが折れるとは、非常に縁起が悪く、今年一年が思いやられる出来事であった
 
「平成28年度取り切り戦」
2016-12-28
12月11日(日)
ゴルフ仲間の平成28年度取り切り戦が、愛野C.Cにて催された
 10:52 第一組が金属音を残しながらインコースをスタート
小生はライバルN氏、靴問屋Sちゃんと第二組でスタートした
風はあるが、天気は良好で忘年会には「もってこ~い
小生1番ホールで3打目をピタッと寄せてパースタートするが、相変わらずバーディパットを打たせてもらえない
打てた時には3パットインコース9ホール中、3パット4回していればスコアがまとまるはずがない
N氏はドライバーは素晴らしいの一言に尽きるが、セカンドショットとパターに苦しみ3連続Wボギースタート
Sちゃんはミスショットを連発するものの、あがればボギーでまとめてくる
3人共にモタモタしながら、小生、Sちゃん共に46、N氏48で前半戦終了
昼食時、ビール片手にワイワイガヤガヤ優勝戦線は整備工S氏が一歩リード
昼食を済ませ、13:50 アウトコースをスタート
後半も3人共にパッとせぬスコアが続き、早々に優勝戦線から離脱
しかし、優勝は遠のいても、N氏には負ける訳にはいかない
小生、1打勝ちで迎えた最終番池越えのミドル数々のドラマを演出してきたホールである
先に打ったN氏はフェアウェイバンカーをはるかに越え、残り130ヤード
小生は180ヤードを残してしまい、5番ウッドを手にして勝負をかけた
太陽が西に傾き、太陽めがけて打ったボールは意に反して池に「ドボン
片やN氏は、太陽に向かって打ったボールを見失う近づいてみればピン手前1mに乗っていた
楽々バーディで、勝利の女神はライバルに微笑んだ
小生、Sちゃんはイン、アウト共に仲良く同スコアで90「苦渋の敗戦
N氏は最終ホールをバーディで飾る、絵に描いたような逆転勝ちに満面の笑みをうかべホールアウト
取り切り戦優勝は逃したものの、忘年会の席も二次会も、目尻が下がりっぱなしのN氏であった
優勝は実力者 サッシ屋F氏の逆転勝ちで、今年度仲良しグループゴルフコンペの幕は閉じた
 
 
 
 
 
 
 
「クラチャンの底力」
2016-12-19
12月4日(日)時々
今日はチサンC.C森山の月例杯で8:48スタート
月例杯には今年初めての参戦で、同伴者に小生のティーチングアマB氏
彼は今年、本コースのクラブチャンピオンを獲得し
その他のアマチュア選手権にも顔を出し、数々の栄誉にも輝いている逸材である
近い将来、長崎県を代表するアマチュアゴルファーになること、誰もが認める人物である
そのB氏が雲仙1番ミドルホールで強気のパットが裏目に出てWボギーを叩く
 しかし、飛距離とパターの上手さに物を言わせ、2番、5番、8番でバーディをゲットし
1番のダブルボギーをいとも簡単に取り返し、アウトコースなんと36
インに入っても衰えを知らず4番でバーディ、5番でティーショットをOBしたもののインコース39
ドライバーの飛距離、アイアン、アプローチの精度、パッティングのライン読みなど、
全ての面で他の追随を許さぬゴルフで、猛者48人の中でべスグロの75
小生といえばB氏のゴルフに圧倒され、屈辱の90でホールアウト
同じ人間でここまでゴルフが違うのだろうかと、精神的に打ちのめされた本日のゴルフでした
 
 
 
 
 
「忘年ゴルフコンペ」
2016-12-16
12月2日(金)
今日はチサンC・C森山にて、不動産業者の忘年ゴルフコンペ
夜は多数の業者が集まり忘年会が企画されている
11:00には集合し、早めに昼食を済ませM氏、I氏と3人で雲仙コースをスタート
スタートホールで3打目、残り10ヤードをアプローチウェッジでピタッと寄せて
1パットで沈めて、同伴競技者から拍手喝采小生、破顔一笑
この頃はパーオンする確率が低下しているので、10~30ヤードのアプローチを
する機会が増え、練習場でもボールの半分ぐらいはアプローチに費やしている
今日もパーオンが18ホール中6ホール、5ホールで寄せワンのパーを拾った
雲仙4番ミドルホールでOB無しでを叩きはしたものの
雲仙42、橘41計83で、なんとか同業他社へのメンツは保てた
 
 
 
 
 
 
「7,235」
2016-11-22
11月4日(木)
今日は待ちに待った、年に一度の仲良しグループの遠征ゴルフである
ラウンドするのは4日前にプロゴルファー片山晋呉が優勝した兵庫県のABCゴルフ倶楽部
クラブハウスは落ち着いた佇まいで、入場するにはジャケットが必着である
ハウス内には石川遼が17才で優勝した時のバッグ、ウェアーが展示され
さらに歴代優勝者の写真なども飾られている
久しぶりにキャディ付きで緊張感溢れるティグランド
ただ、そのキャディさんは佐賀県出身者で方言が通じるのがせめてもの救いである
プロのトーナメントが終了したばかりで、ラフもグリーンもそのまま
小生のゴルフ歴も20年強でありながら、かつて経験した事がない「ガラスのグリーン」
プロでも見えない微妙な傾斜があらゆる所に潜み
 真を外せば傾斜に負けて、打てば、いとも簡単に2~3mカップをオーバーしてしまう
ラフに入ればボールに当てることすら難しく、強く入れれば手首を痛める程の強靭な草の根
小生らは全長6342ヤードのレギュラーティからラウンドしているのに、プロゴルファーは7235ヤード
こんなにも難度の高いシチュエーションでラウンドし
アンダーでまわるプロゴルファーにあらためて敬意を表する小生らであった
 水切りショットで有名な18番ホールで、3打目が土手に当たり手前の水辺へ
 靴を脱ぐほどではないので、人生初の水切りショットに挑戦
なんとか脱出したが3パットでWボギー、しかし、一生の思い出になる水切りショットであった
アウトコース45、インコース48で計93
なんとか目標の100切りは達成出来て安堵した小生であった
 
 
 
 
<<株式会社ナカシマ不動産>> 〒854-0011 長崎県諫早市八天町8ー12 TEL:0957-22-7700 FAX:0957-22-8383