株式会社ナカシマ不動産│諫早市の賃貸物件、売買物件、新築物件、土地売買はおまかせ下さい。

qrcode.png
http://information2103.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社ナカシマ不動産
〒854-0023
長崎県諫早市厚生町3番27号
フリーダイヤル 0120-1388-16
nakasima@information2103.co.jp
TEL 0957-22-7700
FAX 0957-22-8383
営業時間
平日/9:00~17:30
土曜/9:00~16:00
店休日/日曜・祝日
 

週一ゴルファー日記

  • ホーム  > 
  • 週一ゴルファー日記
 
フォーム
 
「朝練の成果」
2019-08-26
 
8月13日(火)
お盆休みの今日、東京の友人N君とN君の実弟T君と三人でオーシャンパレスG・Cでゴルフ
6:00には起床し、6:40琴海町に向かって自宅を後にする
スタート前から汗が吹き出し、首、後頭部には日除け、顔には日焼け止めを施し8:36スタート
オナーで打ったT君が素晴らしいティーショットを披露し、フェアウェイど真ん中へ
負けてなるものかと打ち出した小生のショットは、チーピンが掛かりOB「とほほっ
しかし、2番の短いショートホールでベタピンに付けてバーディ「ヤッホー
その後も8番ホールまでパーオンを重ね、9番でボギーを叩いたもののアウトコース38
久し振りの三十台で、後半も期待が持てるゴルフ内容である、N君兄弟は仲良く43
1時間の長い昼食を済ませ、さらに日差しが強くなった12:15インコースをスタート
後半、2オーバーで迎えた16番ロングホールでの出来事
3打目、残り130ヤードの登り、ピンが林に重なり、高い木を越えなければならないシチュエーション
8番アイアンの高く上がったボールが小枝に当たり落下
落ちたボールはカート道路に跳ねてOBゾーンに転がった「とほほっ
Wボギーを叩き、久し振りの七十台に黄信号が点る
17番ミドルホールも高い木の手前に止まり、前のホールと同じ状況である
打ち出した二打目は、またしても木の枝に当たって今度はバンカーへ
なんとかボギーで修めて、目指す七十台に首の皮一枚つながった
緊張感漂う18番のティーショットは芯を外したミスショットになったが、飛んだ方向がよく右ラフ
胸をなで降ろした後の二打目はピン傍2mのバーディチャンス
ピンチの後のチャンスは渋子のようにはいかないがパーで修めて79N君94、T君88
朝練の成果が随所に出てきた気がする本日のゴルフでした
 
 
 
「優勝へのプレッシャー」
2019-08-09
 
7月28日(日)
真夏には恒例の雲仙G・Cで、仲良しグループのコンペを開催
前日から雲仙T旅館に宿泊し、早朝から温泉に入り、洗い場では腕を磨き体をほぐして
スタート前の練習場では余念ない練習をする面々ただ1人、眺めるだけの電気工Yちゃん
9:33 スタートしていく面々を見送りながら、第三組目で同級生のE君、S君そして土建業T君のメンバーで
早そうで遅いグリーンに手間どい、カップをのぞきながら止まり3番、8番では3パットのボギー
それでもなんとか43でホールアウト
この会でH・C36のE君51、H・C23のS君は41、H・C31のT君は45で廻り、まだ優勝の可能性が残る三人
休憩なしのスルーの為、コンビニのおにぎりを頬張りながらインコースへ
小生はこの会、H・C9で優勝の可能性は低いが他の三人は大である
最初にプレッシャーに負けたのがT君で「もしかして」と脳裏をかすめた途端に大叩きを繰り返す
前半の調子は何処へという感じでイン57、前半とは12打差
続いてプレッシャーに押し潰されたのがE君で、時折、目を見晴るようなショットを見せるものの
優勝の二文字がちらちらし始めた、上がり3ホールで14オーバー、計105
プレッシャーに勝ったのがS君で、あわやOBの所もボギーで修め
41、46計87で8アンダーのぶっちぎりの優勝で幕を閉じた
小生は42、43で久し振りにWボギーを叩かないしぶといゴルフベスグロは解体屋Kちゃんの82
打ち上げは天満町の居酒屋「T」二次会は八天町の「Mの店」
疲れて帰宅し風呂に入ると、手袋を付けない右手の甲は赤み帯びた真っ黒けになっていた
http://information2103.co.jp/files/content_type/type012/187/m/201908091016596145.JPG
 
「好き者」
2019-07-31
 
7月21日(日)
天気予報ではAMでPMはとなる予報
今日は大村湾ニューコースで、新聞社に勤務するK氏、Y氏の誘いで、ライバルN氏を交えて
集合時間の12:00に到着すると、バケツをひっくり返したような雨とはこんな事を言うのだろうか
食事を済ませてスタート時間をずらして、小降りとなった1:30インコースへ
雨合羽を着込んだ割にはスコアがまとまり、ハーフ40でアウトコースへ
2番、池越えのショートホール、池に落ちるよりはと大き目の番手でティーショット
打ち出したボールはピンを指してピン奥3m、下りのスライスライン
パターで久し振りの芯外しを試み、思い通りのタッチで「ナイスバーディ
4番ホールから、また大粒の雨が降り出し四苦八苦する面々
水しぶきを上げながら、急ブレーキをかけるボール
グリーンも早そうで遅く、遅そうで早いパッティング
難度の高い最終9番ロングホールで、トリプルボギーを叩いたものの45で計85
前半は44と先づ先づのスコアで追随するN氏であったが
後半に入った途端に壊れてしまい、百叩きの刑に処され涙するN氏
こんな雨でも中止にしない我々に、呆れて言葉を失する他の二人でした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「魔の12番」
2019-07-19
 
7月14日(日)のち
7:00 K先輩からの電話でとび起き、カーテンを開けると空は雨
TVの天気予報も携帯も午前中は雨で午後から曇りとのこと
「なんのこれしき」とばかりに車に乗り込み、愛野C・Cに到着すると駐車場、ロビーは閑散としている
9:22雨が降る中、K先輩、ライバルN氏、B/KのS支店長と傘を片手に1番ホールをスタート
「チサンの雪辱、愛野で果せ」「一打一打を大切に」「ミスってもくさるな」を肝に銘じて・・・
グリップは濡れ、足は滑り、ランは望めず、そんな状況下でWボギーを3回叩き、43でハーフ終了
K先輩50、N氏46、S支店長43で、濡れたグローブ、帽子、ウェアーを乾燥機に入れてレストランへ
12:50雨は小降りと変わり、時折明るい日差しが差し込む
全員が無難なスタートをきったかにみえた12番ロングホールにブラックホールがあった
ティーショットを左に引っ掛け、OBかもと諦めかけたN氏のボール見つかりギリギリセーフ
胸をなでおろしたのも束の間、ダフった後はつま先下がりをOB2連発で7オーバーの12涙するN氏
掛ける言葉が見つからない12番ホールの出来事であった
その差が最後まで響き、小生42で85、N氏49で95、K先輩46で96、S支店長47の90でホールアウト
雨の中のゴルフでパー8個の85は、小生にとっては及第点のゴルフで、久しぶりの勝利であった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「予感的中」
2019-07-12
 
6月23日(日)
今日もライバルN氏、N氏の後輩Uちゃん、整備工U社長と12:26有明コースをスタート
先週と全く同じ時間に同じコースをスタートする不吉な予感
今日も一進一退の攻防が続き、有明コース小生39、N氏38
雲仙コース1番ホールでN氏Wボギーに対し、小生バーディで逆転
4番ホールまで4打差をつけ、今日は先週の恨みを晴らすべし
しかし、5番ミドルホールの2打目がグリーンから20ヤード離れた左バンカーを直撃
距離のあるバンカーショットで、グリーン向こう側はOBゾーン
思いきって打てない最悪のシチュエーションで、2回ダフってトリプルボギーで貯金を使う
6番、7番は互いにパーで、先週痛い目にあった8番ショートホール
アゲインストの風の中、変な金属音を残したN氏のショットがベタピン
楽々バーディのN氏に対し、薄氷を履む思いのパーで、横一線
9番池越えのミドルホールで、先週に引き続き、またしてもバーディチャンスに付けたN氏
距離はあるものの、このボールを沈めたN氏にまたしても逆転負け
このホールを2週連続してバーディフィニッシュとは・・・・脱帽である
小生79、N氏78、Uちゃん88、U社長98・・・二人共に今年初の七十台であった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<株式会社ナカシマ不動産>> 〒854-0023 長崎県諫早市厚生町3番27号 TEL:0957-22-7700 FAX:0957-22-8383