株式会社ナカシマ不動産│諫早市の賃貸物件、売買物件、新築物件、土地売買はおまかせ下さい。

 
qrcode.png
http://information2103.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社ナカシマ不動産
〒854-0011
長崎県諫早市八天町8ー12
フリーダイヤル 0120-1388-16
nakasima@information2103.co.jp
TEL 0957-22-7700
FAX 0957-22-8383
営業時間
平日/9:00~17:30
土曜/9:00~16:00
店休日/日曜・祝日
 

週一ゴルファー日記

  • ホーム  > 
  • 週一ゴルファー日記
 
フォーム
 
「S」コンペ
2017-04-24
 
4月16日(日)
絶好のゴルフ日和に、飲食店「S」のゴルフコンペがチサンC・C森山にて執り行われた
11:00に集合し昼食を済ませ、ライバルN氏、電気工Y氏、整備工S氏の
仲良しグループでメンバーを組んで、12:10第二組目にてスタート
今日は久しぶりの高麗グリーンで、グリーンが固くベントと比較するとボールが跳ねる
スピンが効いていないボールは、転がってグリーンをこぼれてしまう
更に芝目が効いて、パッティングでは弱ければカップを覗きながら止まり
強気で攻めれば1mも2mもオーバーし、返しのパットが入らない時は苦汁の表情を見せる面々
特に橘コース6番で30cmのボギーパットを外した時は、頭に血が昇り赤面した小生であった
結果はアウト、イン共に43で、同伴者3人に6~11打差をつけてホールアウト
表彰式は天満町の居酒屋で催され、小生はダブルペリアでH・C13.2がつき5位入賞
賞品はふりかけと海苔のセットで、参加賞のとろろ昆布、ちりめんじゃこと共に「ごはんの友」が食卓に並んだ
 
「リベンジ」
2017-04-08
 
4月2日(日)
先週の日曜日に愛野C・CでライバルN氏に87対86で惜敗を喫し
風呂場では冷や水までかけられ、今日はどうしても負けられない
愛野の仇は森山でという訳ではないが、気合い十分でスタート1時間半前に到着し
余念なくパター、アプローチのチェックを済ませ、9:31有明コースをスタート
1番ホールで下りの1mのパットを沈めて幸先のよいバーディ発進
平成29年度版の新しいスイングが身につき始め
ミスはあるものの、今年初めの頃より安定感が増している
雲仙2番ホールでパーオン後4パット、8番ホールでもパーオンし3パット
パターが今一の感は拭えないが、大きなミスが少なくなった気がする
風が強い中で有明コース42、雲仙コース44で86
N氏に8打差つけて、リベンジ完了
いい季節が到来し、これからのゴルフが更に楽しみである
 
「たなぼた」
2017-03-22
3月12日(日)
春の香りがし始めた絶好のゴルフ日和に、オーシャンパレスG・Cにて仲間のコンペを開催
8:00 整備工S氏が運転するバスに乗り込み、一路琴海戸根町へ
バスの車窓から眺めるゴルフ場は、海に浮かんだ風光明媚な18ホール
9:48 土建業T君の目を見晴るようなティーショットで、今年度の第2戦がスタート
同伴者はT君の他にライバルN氏と、水を恐れる保育園長M君
アウトコース、3オーバーで迎えた9番ロングホールの出来事
3打目を残り50ヤードにつけ、グリーン手前にきられたピン位置に向けてアプローチ
会心と思えたショットがバックスピンで元の場所に戻ってくる
打ち直したショットも元の位置へ・・・このホール、Wボギーで30台の夢破れた
昼食時、ビールで喉を潤しながら全員のスコアを確認すると
N氏が40で優勝候補の筆頭だが、小生もまんざら捨てたものでもない
「我慢、我慢」と言い聞かせ、インコースをスタート
N氏との対決は一進一退の攻防が続いていたが、16番ロングホールで
3打目をミスった小生がボギーを叩き、N氏バーディで勝負が決したかに思われた
17番は互いにボギーで、小生の2打負けで迎えた最終ミドルホールの珍事
オナーで打ったN氏の本日一番のショットはフェアウェイセンター、残り70ヤード
小生、フェアウェイ右側、残り120ヤード地点からグリーン左側、残り8mにパーオン
それを見たN氏は、どうしたことか2打目をトップしてOBゾーンへ
緊張感が増幅し次打をダフる、その次もダフり、あがってみれば、小生パーセーブ
グロス83対86で小生の逆転勝ち、ネットも同ネットでハンディ勝ちの逆転優勝
残り70ヤードから8打かかり、まさかの坂に涙するN氏であった
小生にしてみれば、負けを覚悟した中でのN氏の突然の乱調は
棚からぼた餅と小判が落ちてきたようである
 
「+ハンディ」
2017-03-04
2月26日(日)
練習場仲間によるゴルフコンペが、チサンC・C森山にて開催された
11:30集合時には、パッティング練習場で参加者が「あ~でもないこ~でもない
このコンペにはシングルハンディの人が多数を占め
中でもチサンC・C森山の歴代クラブチャンピオンが3名もいる、レベルが高いコンペである
その中の1人、クラチャンB氏とシングルN氏と12:30最終組にてスタートする
 B氏が雲仙1番ホールから持ち前の飛距離を見せ付ける
 高い弾道に徴かなドローで、セカンド地点で優に50ヤードは離され
2打目に持つクラブは小生ユーティリティの5番、片やB氏はアプローチウェッジ
2番ミドルホールでもセカンドはアプローチウェッジ
B氏のバッグを覗き込めば、アプローチウェッジが3本も入っていた
3番ショートホールでは難度の高い3m程のパットを沈めてバーディ「パターまで上手い
6番ロングホールはイーグル逃しの楽々バーディで、アウトコース35
インコースに入っても衰えることを知らず、2番、9番バーディでこちらも35
ゴルフはミスを如何に少なく抑えるかのスポーツらしいが
ホールアウト後に、風呂に漬かりながらB氏のミスを数えてみれば
雲仙5番のティーショットと橘7番のアプローチ2回のみさすがH・C2でWペリアでは+ハンディがついていた
それに比べて小生はミスだらけの92
今年に入って90の壁が高く、晩酌のビールが苦く感じる今日この頃である
 
「2月度月例杯」
2017-02-18
2月5日(日)
チサンC・C森山、2月度月例杯に参戦
昨日からの雨が残り、霧まで出てきた中を8:10、有明コースをスタート
スタートホールの一打目で右手が滑り、ボギースタート不吉な予感
ぬかるんだ地面と寒さのせいで、ボールも飛ばない
自分なりのナイスショットと思えるボールが、グリーン手前で失速してしまう
いつものように当たっているはずなのに何故か届かない
アプローチも思い描く距離が出ず、手前にポトリッ
「不思議だおかしい」と自問自答しながら、最終ホールでも首をかしげる小生であった
18ホールまわってパーオンは経験がない出来事、そしてパーも
有明コース49、雲仙コース49で今年のワーストレコード予感的中
しかし、こんな雨、霧、寒さの中で、後続組でまわっていた解体屋Kちゃんは
37、40計77のネット3アンダーで、並み居る猛者たちを押し退けて優勝を飾っていた
祝福の電話をかけると「こんなコンディションにはクラブの番手を上げて
打ち込まずボールをクリーンにとらえる事を心掛けた」とのこと
「なるほど」「だからボールがグリーン手前に落ちたのか
しかし、教えてもらうのが一日遅かった
 
<<株式会社ナカシマ不動産>> 〒854-0011 長崎県諫早市八天町8ー12 TEL:0957-22-7700 FAX:0957-22-8383