株式会社ナカシマ不動産│諫早市の賃貸物件、売買物件、新築物件、土地売買はおまかせ下さい。

qrcode.png
http://information2103.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社ナカシマ不動産
〒854-0011
長崎県諫早市八天町8ー12
フリーダイヤル 0120-1388-16
nakasima@information2103.co.jp
TEL 0957-22-7700
FAX 0957-22-8383
営業時間
平日/9:00~17:30
土曜/9:00~16:00
店休日/日曜・祝日
 

週一ゴルファー日記

  • ホーム  > 
  • 週一ゴルファー日記
 
フォーム
 
「完全優勝」
2019-01-18
 
12月30日(日)
仲良しグループの今年度の取り切り戦が、長崎国際C・Cで執り行われた
年間の最優秀賞に輝くライバルN氏が、この会のハンディ8に+加算
小生の前組で、いつもに増してにこやかな表情のN氏である
後方から眺める姿は堂々と、フェアウェイ中央から2打目を打っている
8番ショートホールが込み合い、N氏のスコアを確認するとまだ3オーバー
小生といえばグリップを変えたスイング改造が上手くいかず、ヘナチョコショットを連発
打てども打てども会心のショットは出ずじまいパーオン回は今年初「最後なのに
同伴者のサッシ屋F氏は、OB3発叩くも83はさすがであった小生89
保育園長M氏はプロゴルファー並みのフィニッシュはみせるが、ダフリが多発し104「もしもし
表彰式兼忘年会は城見町のY寿司
優勝は税理士事務所勤務T氏の追随を振り切り、83でライバルN氏の完全優勝
二次会の席で疲労と酒酔いが相俟って、居眠りを始めた小生は
酒も飲まず、歌も歌わず、テーブルチャージ3千円を・・・・「もったいない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「H30年度最終戦」
2019-01-11
 
12月24日(月)
クリスマスイブのこの日、大村湾ニューコースで、ライバル対決最終戦である
小生の11勝10敗2分けで今年最後の戦いとなれば、いやおうなしに力も入る
早目にゴルフ場に到着し、アプローチ、パター練習とスイングチェック
インコーススタートで3番ロングホールの3打目、残り130ヤードの左足下がり
寒さ、風もあり大き目の8番アイアンを握り、打ち出したボールは「ドボンッ
「あと50cm飛んでいれば・・・」悔やまれる1打である
6番ミドルホールで前職の先輩K氏がアプローチで2度打ちを犯し、苦汁の表情crying
それを見た小生は「2度打ちはせんぞう」と声を大にして打ち出したボールは遥か彼方へ・・・・
小生41、N氏40でデッドヒート、K氏50にて前半を終了、レストランへ直行
アウトコース1番、クリーク越えの難関ミドルホール
先に打ったN氏の1打目のボールが見当たらない「網の破れ目に入ったのだろうか
小生の2打目は池の中互いに涙、涙のトリプルボギー
2番、池越えのショートホールは小生、またしても1m届かず池ポチャN氏もソケットで池ポチャ
2番を終わって、すでに小生5オーバー、N氏6オーバーで並ぶ(笑)
ここから立て直したのがN氏、残りのホールを4オーバーで終了させ46、計86
立て直しが効かない小生は、ズルズルとあとに引きずり49で計90
今年度の最終戦で惨めな敗戦を喫し、来年が思いやられる一戦であった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「お互い様」
2018-12-28
 
12月9日(日)
寒波襲来、さむ~い日曜日である
いつものメンバー7名でチサンC・C森山を12:30スタート
有明1番ロングホールで3打目をバンカーに入れ、なんとか脱出したものの下りの4m
さわるだけのパットがコロコロコロコロッと転がり、なんとカップイン
ツキもあり、6番ホールまでライバルN氏に6打差をつけて、小生3オーバー
「そうは問屋は卸さんぞう」と気合いを入れ直す、元卸問屋社長のN氏
7番ミドルホールはベタピン、8番ミドルでは10m超のロングパットを沈め連続バーディ
9番ホールでOB、トリプルボギーを叩いた小生に1打差まで詰め寄るN氏
雲仙コースに入ると更に精度を増したアイアンでパーオンを繰り返し、小生に差をつけるN氏
小生、8番ショートホールでは左バンカーを直撃し、セカンドショットをホームラン
返しのアプローチで2度打ちし、泣きっ面に蜂の小生、89N氏84で終了
一度は6打差つけていたが、あっという間に逆転され、最後は5打差もつけられ、涙、涙の敗戦
寒さ、そして風のせいもあろうが、グリーン手前のエッジに止まること11ホール
それはお互い様なのだが、なんとか言い訳を探したい本日のゴルフでした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ツキも実力」
2018-12-12
 
11月23日(金)
勤労感謝の日、練習場仲間のコンペがチサンC・C森山にて開催された
シングルプレーヤーが居並ぶコンペで、総勢19名
そんな人達を前に、元クラチャンT氏夫妻、M氏と第1組でスタート
上手な人の前でティーアップするのは緊張感「ハンパねぇ
正確無比なショットが持ち味のT氏が、雲仙2番ホールで珍しくOB
フェアウェイからも、たまにダフっていたが、ミスの後のアプローチがピンをかすめる
チップインは成らずも「お先にパー」を拾う技術は絶賛するに値するスコア78
M氏、若いせいもあろうがハイドローで攻めるその飛距離には空いた口が塞がらない
フィニッシュもバッチリきまり、その後ろ姿はプロゴルフアースコア79
この二人にあおられ続け、ミス連発の小生は無情にも91「せめて八十台は出したかった
打上げ兼表彰式は天満町の「Y寿司」
ダブルペリアでOBホールが入り、バーディホールが入らない、腕もツキも持っているT氏が優勝
Wペリアは平等のはずなのだが、この会で頻繁に優勝するT氏である
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「グリップ」
2018-12-01
 
11月18日(日)
愛野カントリークラブを9:26スタート
1週間程前に、同業のO氏にインターロッキングのグリップを勧められ
二十数年間、慣れ親しんだオーバーラッピングとおさらばしての初ラウンド
慣れないせいかアドレスに入るのに、いつも以上に時間がかかり
同伴者のK先輩、整備工S氏に事前に「ことわり」を入れてティーアップ
練習場では2回程、試してきたが、なにせ初体験
しかし、心配していた程ブレることなく、このグリップが小生に合っているのかも
パーオンは3回しか出来なかったが、42、44なら及第点であろう
これからはこのグリップが馴染むこと、そして安心感が持てればいいのだが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<株式会社ナカシマ不動産>> 〒854-0011 長崎県諫早市八天町8ー12 TEL:0957-22-7700 FAX:0957-22-8383