株式会社ナカシマ不動産│諫早市の賃貸物件、売買物件、新築物件、土地売買はおまかせ下さい。

qrcode.png
http://information2103.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社ナカシマ不動産
〒854-0011
長崎県諫早市八天町8ー12
フリーダイヤル 0120-1388-16
nakasima@information2103.co.jp
TEL 0957-22-7700
FAX 0957-22-8383
営業時間
平日/9:00~17:30
土曜/9:00~16:00
店休日/日曜・祝日
 

週一ゴルファー日記

  • ホーム  > 
  • 週一ゴルファー日記
 
フォーム
 
「命懸けのゴルフ」
2018-07-23
 
7月15日(日)
痛風の再々発により、約1ヶ月ぶりのゴルフをチサンC・C森山にて
酷暑のこの日の中でも一番暑いPM1:20のスタートである
顔には日焼け止めを厚めに塗り、麦わら帽子を被り、首には冷却用タオルを巻いて
凍らせた梅ジュースを手に熱中症対策には万全を期したつもり
しかし、練習不足は否めず、芯を喰わないショットを連発させ雲仙コース44
ライバルN氏40、整備工S氏47、土建業T君48にて橘コースへ
安定したショットを打っていたN氏が突然、3番ショートホールでシャンクして4オーバー
4番ミドルホールではソケットにダフり、5番ホールもミスを連発させ3ホールで11オーバー
よくよく聞くと、昨日、このコースを「38、42」でラウンド後、右足つけ根に物を落とし
負傷したとのことで、右足に体重が乗らずミスを連発したようであった
この差が響き、小生89、N氏94、S氏91、T君99でホールアウト
日本中のあちらこちらで熱中症で緊急搬送される人、亡くなる方もいる中での命懸けのゴルフ
なんとかクラブハウスに戻り冷んやりしたロビーに入ると、エアコンの有難さを痛感した今日
夜はS氏の誘いで栄町の焼鳥屋で一杯
痛風の発症によって酒量が減り、夜の街へ出掛ける機会も少ない今日この頃
久しぶりの夜の街に、痛風の痛みを忘れて、ついつい「おかわり、もう一杯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「投げたらあかん」
2018-06-21
 
6月17日(日)
梅雨に入ったのに雨が少ない今年
今日はいつものメンバーで、いつものチサンC・C森山で12:33スタート
1番ホールからパーオンは出来ないが、寄せワンでパーを拾う
2番でも4番でも寄せワンで拾い、6番では5~6mはあろうかと思えるバーディパットを沈めパープレイ
アウトコース、パーオン3回、寄せワン3回、バーディ1個で38
追随するライバルN氏は41、整備工S氏45、土建業T氏50で有明コースへ
1番ロングホールでのN氏、残り210ヤードの2打目を新しく手に入れた5番ウッドでバンカー直撃
しかしバンカーから4mにつけて、難しい下りのフックラインを沈めてバーディ
近頃のN氏は苦手としていたバンカーを克服し、更に難敵となってきた
その後は一進一退の攻防が続き、7番ホールで横一線に並んだ
8番ミドルホール、オナーで打った小生のボールはバンカー土手に止まり足場がとれない
足がフラフラする状態で打って、なんとかボギーで修める
かたやN氏はフェアウェイど真ん中、残り50ヤードからのアプローチをミスりボギー
そして数々のドラマを演出してきた、有明9番ミドルホールでの出来事
先に打った小生のボールはスライスがかかり、またしても右側土手、残り210ヤード
N氏といえば「本日一番」「ここ一番」のティーショットが、これまたフェアウェイど真ん中、残り120ヤード
小生、残り30ヤードへきざみ、本日の逆転負けを覚悟しN氏のショットを静観する
するといとも簡単にみえるフェアウェイ、残り120ヤードからのショットをソケットし、ガードバンカーへ
さらに最悪だったのが、バンカー均しがされておらず足跡に入っていた
「泣きっ面に蜂」とはこの事か、小生81、N氏82、S氏87、T氏94でホールアウト
昼食時に笑いながら話していた「ゴルフは最後の最後までなげたらあかん
「ゴルフはクラブで打つものです」というのが現実のものとなった本日のゴルフでした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「お先に」
2018-06-07
 
5月27日(日)
痛風発作によって折角のゴルフシーズンを棒に振って、ストレス万杯の日々を過ごしたangry
本日は久しぶりのゴルフのせいか、まだ暗い4:30に目を覚まし「もう眠れないblush
一昨日の天気予報では雨マークであったが、一転して絶好のゴルフ日和であるsmiley
まだ完治とはいえず、左足親指つけ根に痛みを残しているが「なんのこれしきwink
参加者13名で、一番早く到着したのはサッシ屋F氏、小生は二番目
いつものようにパター、アプローチ練習を余念無く済ませ、愛野C・Cインコース11:00スタート
小生は最終組で整備工S氏、解体屋Kちゃん、そして十数年ぶり参加の整備工U氏
三番目に打った小生のティーショットは左に引っ掛け、木を直撃
探しても探しても見つからず、ロストボールかと思いきや、当たり所が悪くOBゾーン
その後も引っ掛けショットを連発させ、スコアがまとまらないcrying
なにが原因なのか判れば修正するのだが・・・左足が原因なのかズルズルと47
後半にはいってもティーショットが芯を喰わず、天プラショットの連発でボギーばかり
最終ホールでは、残り50センチを「お先に」「お先に」「お先に」と3回
何年か前のフィル・ミケルソンを彷彿させるようなパットを連発
同伴者のラインが気になる「お先に」は二度とすまいと決めていたのにまたやってしまった
「お先に」は、もう二度とすまい誓う小生であるが「喉元過ぎれば・・・・
スコアはS氏、U氏、小生共に仲良く94、Kちゃん87でホールアウト
優勝候補筆頭のM園長を振り切って、電気工Yちゃんが4アンダーで優勝し、二次会の席も最後まで・・・・(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「初めてのバーディ」
2018-04-26
 
4月22日(日)
今日もいつものゴルフ場で、いつもの仲間に土建業T君を加えてのラウンド
整備工S氏の誕生月で、4人共に日頃、口に出来ない高級料理を食して12:08スタートした
芝目が荒い高麗グリーンのわりにスコアがまとまり、雲仙7番ホールではバーディをゲットし
3ボギーで前半戦を久しぶりの三十台、38今年初の七十台を目指して橘コースへ
3番ショートホールでも、ピン側2mに付けてバーディをゲットし、2番ホールのミスを取り戻し、パープレイに戻す
しかし、この頃から夢の七十台が頭の中でチラチラし始め、案の定4番から6番の3ホールで5オーバー
またしても、夢破れたかとあきらめかけた橘7番、難関の左ドッグレッグのミドルホールでの出来事
開き直ってセカンドにスプーンを手にし、果敢に攻めたら、思い描いた弾道でボールはカラーに止まっていた
迷うことなくパターを握って、打ったボールがカップイン
このホールだけはティーグランドに立った時点で「ボギーで良し」とネガティブに考えるホールをバーディ
橘7番ホールのバーディは、小生のゴルフ人生の中では記憶がない
これで息を吹き返した小生は、残り2ホールをパーオンさせ
「上がり3ホールが問題だ」と言われるその3ホールを1アンダーであがり40、計78
今年初の70台で追随するライバルN氏に6打差をつけて満面の笑みにてホールアウト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「病み上り」
2018-04-23
 
4月15日(日)
昨日の天気とは打って変わって、絶好のゴルフ日和となった
痛風が再発し、今日は3週間ぶりのゴルフである
メンバーはいつもの仲間で、チサンC・C有明コース1:08スタート
行きたい練習場にも行けず、久しぶりのラウンドのわりには無難にスタート
ライバルN氏はスタートホールからシャンクが飛び出し、バンカーを直撃する
2番ショートホールでもOBにはならないものの、シャンクが2発
3番ミドルホールでもシャンクを繰り返し、Wパーを叩いて天を仰ぐN氏
ミスショットもミスパットも同伴競技者として元気づける言葉はあるものの
シャンクだけはフォローする言葉が見つからない
しかし4番ホールからスイング修正を施し、ここら辺りが近頃のN氏の強さだろう
前半を小生44、N氏45、整備工S氏46で後半の雲仙コースへ
後半は一進一退の攻防が続き、小生1打負けで迎えた最終ホール
アゲンストに向かって打ったボールは、3人共に残り150ヤード地点に横一線
最初に打ったN氏はグリーン手前3ヤード、小生はカラーへ運ぶ
3打目をN氏はアプローチウェッジ、小生はパターを選択した
アプローチをミスったN氏は下り1.5mのボギーパットを果敢に功めてカップイン
入れれば引き分け、外せば負けの残り1mのパーパット
ハラハラドキドキのパットをなんとか沈めて、87対87で本日はドローS氏91
シャンクに四苦八苦するN氏に、やっとの思いで引き分けに持ち込み安堵した小生でした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<株式会社ナカシマ不動産>> 〒854-0011 長崎県諫早市八天町8ー12 TEL:0957-22-7700 FAX:0957-22-8383