株式会社ナカシマ不動産│諫早市の賃貸物件、売買物件、新築物件、土地売買はおまかせ下さい。

qrcode.png
http://information2103.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社ナカシマ不動産
〒854-0023
長崎県諫早市厚生町3番27号
フリーダイヤル 0120-1388-16
nakasima@information2103.co.jp
TEL 0957-22-7700
FAX 0957-22-8383
営業時間
平日/9:00~17:30
土曜/9:00~16:00
店休日/日曜・祝日
 

週一ゴルファー日記

  • ホーム  > 
  • 週一ゴルファー日記
 
フォーム
 
「惨敗」
2019-12-14
 
12月1日(日)のち一時
今日もチサンC・C森山にて12:40スタート
3時頃から雨が予想され、こういう予報の日は少しでも早くスタートしたいものである
橘1番ロングホール、ライバルN氏の後輩U氏、N氏の順番で小生は3番目
ナイスショットの二人が見守る中で、小生のティーショットは左へ引っ掛け
バンカー手前からカート道路を転々とし、OBゾーンへ落ちてWボギーのスタートホール
7番ドッグレッグのミドルホールは残り185ヤード地点で「ここは5番ウッドで2オン狙いでしょ」と
そそのかされ、届くはずのないクラブで狙ってバンカーを直撃しWボギー
マネージメントがなっていない橘コース43
有明1番、前のホールのナイスショットの余韻を残しながら打ったボールは意に反して引っ掛けて木の後ろ
「木と木の間を抜けば・・・」とささやかれ、リスクを背負った2打目は案の定、木を直撃
暫定球宣言の後の打ち直したボールは木の根に止まり、このホールはトリプルボギー
4番、6番、8番は残り100ヤード前後のショットがバンカーを直撃して、出せず入らずのWボギー
いとも簡単にWボギーを叩いてしまう体たらく
新しいクラブのせいにしたくはないが、恨めしい限りである
有明コースはなんと48で計91、N氏に5打差をつけられ惨敗を喫した
ラウンド後の風呂場では、鼻歌を口づさみながら髪をセットするN氏がいた
 
 
 
 
「90の壁」
2019-12-04
 
11月23日(土)
勤労感謝の日に、メインバンクのS支店長、S代理とのラウンド
ローマ法王が来日される日であるが、浄土真宗の小生はチサンC・C森山でお出迎え
今だに馴れないアイアンではあるが、後輩達の前で恥はかきたくもなくラウンド前の事前練習
さすがにシーズンとなればゴルフ場も忙しく、駐車場は一杯でコンペも多数催されている
橘2番ホールでバーディをゲットするものの、5番ミドルホールの4パットで帳消し
9番ロングホールでは、残り70ヤードからシャンクが出てバンカーへ
まだ使いこなせないアイアンに四苦八苦で、アウト46
有明4番ホールでも横に飛び出すシャンクで、あわやOB寸前
1ラウンド中に1.2回は出るシャンクだが、原因不明で不安感は募る
もう少し馴れればいいのだろうが「ここ一番」という時に出るものである
イン6オーバーで迎えた9番ミドルホールの3打目アプローチがショート
久しぶりの八十台を願って、エッヂからのアプローチをパターで狙うが裏目となる
安全策をとったが寄らず入らずのWボギーで、またしても90
二十才前後の女子プロ達は、ボギーを叩かないゴルフをしているのに
まだ彼女達が生まれる前からゴルフをやっている小生と、何が違うのだろうか(笑)
 
 
 
「新品クラブ」
2019-11-28
 
11月10日(日)
先日、知人から「近頃のゴルフクラブはスイートスポットが広くなって、とても打ち易くなっているヨ」と聞き
その一言に騙され、ゴルフショップで専門の機械にて測定後、アイアンを調達した
今までのシャフトはスチール製で、今回は初めてのカーボンシャフト「ゼクシオ」である
早速、練習場に持ち込み打ってみればビックリする程の高い弾道を示し
飛距離は想定以上出るようである
その新品クラブでハウスメーカーのコンペに参戦した
喜々津C・C1番ミドルホールのセカンドショットは変な音を残してグリーン手前
2番ショートホールは、左側のグリーンエッヂへ引っ掛け
このシャフトはクラブの撓り具合で、距離も方向も変わるようである
タイミングの取り方が難しく、納得がいくショットは2発だけ
初打ちはアウト47、イン46計93と惨めな結果となってしまった
10年程、使用していたクラブは知人に譲ってしまい、なんとかこのクラブを物にしたいが
何ヶ月掛かるか不安が募り、寝起きが悪い今日この頃である(笑)
 
 
 
「グッド、アドバイス」
2019-11-06
 
10月14日(月)
今日はチサンC・C森山主催のコンペ、スポーツジャンボに参戦
ライバルN氏、整備工U氏に同業のO氏を交えて8:21雲仙コースをスタート
近頃ショットの切れが悪く、練習場に通ってもストレスが募る日々が続いていた
そんなある日、前傾姿勢が崩れ背中が丸まっていると解体屋Kちゃんからアドバイス
今日はその事だけを意識してスタート
風の影響で思い通りのショットは出来ないものの、大きなミスはない
グリーン周りからのアプローチがキレキレで、あわやWボギーになる所をボギーで修めたり
アプローチウェッジで寄せて「お先に」な~んて
アウトコース、3パット2回で41、ライバルも41
インコースに入っても一進一退の攻防が続く中で、寄せワンで拾う
小生の1打負けで迎えた橘9番ロングホール
ティーショットもセカンドショットも横一線で、三打目残り90ヤード
先に打ったN氏のショットは右からの向かい風に乗ってグリーンを溢れた
風の影響を確認した小生はグリーン右側に打ち出し、ピン左奥3mにつく
緊張感タップリのパットは、N氏2m程ショート
ここでバーディで逆転と狙い澄ました小生のパットは、小石に当たり、跳ねて50cm手前
ゴルフの神様が小生に試練を与えて下さっている「感謝、感謝
N氏のパットは惜しくも外れ、小生なんとかパー
互いに41,41の82でホールアウト今年初のドロー
緊張感あふれた本日のゴルフU氏、96、O氏92
 
 
「突風」
2019-10-21
 
10月6日(日)
今日は愛野C・CでK先輩、運送会社H会長、B/KのS理事とのラウンドである
9:30到着し、ラウンド前のパター、アプローチ練習をしながら三人の到着を待つ
10:00には全員が揃い、10:22K先輩のティーショットで戦いの火蓋は切られた
時折突風が吹き、パターの時にも体がゆれる
今日は同伴者との駆引きより、風のよみが勝敗を分けそうである
アゲインストでは100ヤードの距離でも9番アイアンを使用
谷間に入るとテイーグランドでは風向きがよめず、流れる雲を頼ってティーショット
3~40ヤードのアプローチでも集中力は欠かせない
アウトコース、Wボギー2回でなんとか許容範囲の44でホールアウト
H会長45、K先輩、S理事共に仲良く53でレストランへ
インコースに入るとK先輩、S理事がいつもの実力を発揮させスコアをまとめ始める
対戦は一進一退の攻防が続き、小生含めた三人が44、H会長47
強風の中、なんとか八十台で修め面目が保てた本日のゴルフでした
 
 
<<株式会社ナカシマ不動産>> 〒854-0023 長崎県諫早市厚生町3番27号 TEL:0957-22-7700 FAX:0957-22-8383